読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新生活日記

自由気ままに書きたいこと、言いたいこと、好きなことを書いています。

時間を巻き戻せるなら。

井上陽水の曲に「人生が2度あれば」と、言うフレーズがある。

 

人生が2度あれば…………私は自分が生まれる前に戻りたい。

 

それが無理なら大学生の時に戻りたい。

 

あの日喧嘩さえしなければ、あの日雨さえ降ってなければ、あの日…………

 

それも無理ならボンズ氏が生まれた頃に戻りたい。

 

私が下した決断は正しかったのか?

あの時の私に聞きたい。

 

ボンズ氏…………本当は名前を「亜斗夢」とつけたかった。(笑)

全然違う名前になったけどね!!

 

そして、誰もまともに読めない名前になったけどね!!

 

ボンズ氏が生まれた日は雪が降ってました。

キラキラと真夜中の道に降る雪は綺麗でした。

12月の寒い日に君はこの世に誕生しました。

君が生まれた時も外にはキラキラと光る雪が降ってました。

それはまるで君の誕生を祝うように…………

夜中の陣痛、タクシーではなく自分で車運転して病院まで行った。

まぁ、2人目だしぃ、すぐには生まれないしぃ~(笑)痛いけど運転出来ない痛みじゃあねぇし!!

こりゃあ、生まれるのは夕方かなぁ~とか思いながら、雪の降る道を運転していたよ。

ところが予想に反して、君は陣痛から3時間後、朝5時55分元気に生まれたねぇ。

ジャンボベビー!!色の黒いデカイ赤ちゃんだったよ。

 あの時は「あーこの子を産んで良かった!!」と、思ったよ。

君はミルクとオムツ以外で余り泣かない赤ちゃんだった。

仕事する母のそばで君はいつもキラキラしていた。

泣かない手の掛からない子。

何かを悟ったかのように、本当に泣かない子だったね。

 

今は戻れるなら戻り聞きたい!!

本当に良かったのか?

本当にこれが最善だったのか?

 

親の都合を子供に押し付けた形の出産が本当に良かったのか?

 

「人生が2度あれば」私は戻りたい時間がたくさんある。

 

ボンズ氏が生まれた頃よりやっぱり、娘が我が家に来た日に戻りたい。

 

あの日「母親のお墓参りに行く」と、言う娘を引き留めたい。

出さなければ良かった。

お墓参りは私が連れて行けば良かったのかも。

あの日、あの時なんて生きていたらたくさんある。

 

たくさん後悔して、泣いて、それでも今日も生きている。

 

だけど、人生が2度あればやり直したいよ。

 

1度しかない人生、後悔ばかりだけどさ!!

でも、長男、ボンズ氏、娘っち、捜している娘。

この子たちに出逢えた事には感謝しなきゃあ!!

 

お前たちがいるから、母の人生は楽しいよ!!