読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新生活日記

自由気ままに書きたいこと、言いたいこと、好きなことを書いています。

教育者として、それはどーなの?

栃木の高校生が雪崩で犠牲になりました。

ご冥福をお祈り致します。

 

しかし!!ムカつくのがあの会見!!

まるで他人事のように「ごめんなさい」の一言もなく、誰それの先生がとか、自分は旅館にいたのでとか、その前に言う事あるだろうが!!

 

小学生でも中学生でも高校生でも学校で「ごめんなさい」と、教えていると違うんか!!

 

子供に「ごめんなさい」を教えている大人があれでいいのだろうか?

 

少なくとも亡くなった子に対して、親御さんに対して「ごめんなさい」の一言があってもいいんでないの?

 

1人息子さんを亡くされた親、妹思いの優しいお兄ちゃんを亡くされた妹さん、お母さんと2人で頑張っていた息子さん、その他の子だって、親が大切に育てて来たのに、自分たちの判断ミスで亡くなったと言う事を認めないあの態度!!

 

もう、見ていてイライラする!!

私が亡くなられた親御さんの立場なら、あの会見場所に乗り込んでぶん殴ってやる!!

多分、ご遺族は同じ思いだと思うけど。

 

大人の判断ミスで亡くなった子供たちに一言謝って欲しい。

どんだけ苦しくて、寒くて、死にたくない!!と、思いながら亡くなった方に対して

あの会見は無礼極まりないと思う。